江戸から明治へ(2)

【社格制度】

藏前神社HP

明治政府によって定められた【神社の格に関する制度】であり、官社と諸社とに分類し、官社は朝廷に縁の深い神社が中心となって列格。
諸社のうち
府県社(ふけんしゃ)は府県が崇敬する神社と規定、
郷社(ごうしゃ)は郷村の産土(うぶすな)神社とされ、郷社の下に村社(そんしゃ)が設けられました。
 然し乍ら、これらの社格は
昭和21年に廃止されました。
因みに、当社が鎮座する台東区は、浅草区と下谷区が戦後統合されて誕生したのでありますが、ご参考までに、当区に鎮座する本務神社に関する旧社格一覧を示してみます。
 尚、社号はすべて現在のものであります。また、下表の何れにも登載されていない神社は無格社であります。

万年青品評会
奉納力持
勧進大相撲
境内
切絵図
江戸の北極星信仰
本社神輿3
本社神輿4
本社神輿2
本社神輿1
社格制度
御朱印社領
役員一覧
江戸名所一覧双六
藏前神社睦
九気性(星)
厄年一覧表
池波正太郎
落語元犬像
落語案内板
落語
朱引き
氏子区域
案内図
御祈祷執務時間
四季の草花
リンク集
由緒沿革

徒然なるままに!

旧 社 格  神                   社 旧       区
府   社 東照宮 下谷区
郷   社 藏前神社・浅草神社・鳥越神社 浅草区
下谷神社・秋葉神社 下谷区
村   社 榊神社・須賀神社・銀杏岡八幡神社・
玉姫稲荷神社・矢先稲荷神社・今戸神社・
熱田神社・諏訪神社・本社三島神社
浅草区
鷲神社・小野照崎神社・五條天神社・元三島神社・
三島神社・(千束)稲荷神社
下谷区

  思うに、当社は徳川将軍家の祈願所の1社であり、第5代将軍綱吉公が朝廷や武家からも極めて崇敬の篤い(あつ)い京都・男山の石清水八幡宮を此の地に勧請(かんじょう)したのでありますから、郷社の規定から外れていた、と言っても良いのではないでしょうか?
  もともと、明治元年の神仏分離令の布告以前は、石清水八幡宮(当社)の別当寺たる雄徳山大護院(おとこやまだいごいん)が実質的に支配しており、いわゆる、僧侶持ちでありましたので、大護院の廃寺(廃絶)により壊滅的なダメージを受けたであろう事は想像に難くありません。規模は大幅に縮小され、また、当社の前には幕府の米蔵が存在していたこと等もあり、種々の要素がネックになったと考えられます。

藏前神社ホームページ(トップ)