会     長 金子健治
筆頭副会長 山田幹夫
副  会  長 内田  弘・海保鉄男・根木榮一・渡辺惺四郎
         大塚  清・松本孝夫・萩原幸男・徳坂照雄・
         萩原陽一
理     事 小林一善・安倍淳助・森泰一・熱田眞司・
         松本英二・石井隆悦・五十嵐富雄・佐藤英夫・
         渡邉秀人・白根博・髙橋珠里・伊藤忠・
         臼井伸夫・児玉達也     
会     計 徳坂照雄・小松茂樹
会 計 監 査 土橋明彦

藏前神社睦

 藏前神社本社神輿は、平成11年に41年振りに修復のうえ渡御されましたが、その原動力となったのが前年の平成10年に結成された【藏前神社睦】 であります。氏子区域は、そのご由緒ゆえに、極めて狭小であり、従って、氏子世帯数もごく僅少でありますが、現在の会員数は崇敬者をも含め約130名程です。
 藏前神社睦会則は全21条からなっていますが、第3条では「本会は会員相互の親睦を図り、神事のもとに、藏前神社本社神輿の管理と安全且つ継続的な渡御 を行うことを目的とする」と高らかに謳い上げております。このように充分な管理と永続性を持って渡御の運営などにあたっています。
  また、第4条では「藏前神社本社神輿の渡御は、原則として隔年とする」となっています。このように平成11年の41年振りの復活渡御から平成21年で第6回目(昭和30年の第1回渡御からは通算9回目)となりました。
  そして平成23年で通算10回目となる予定でしたが「東日本大震災」に鑑みて「中止」となりました。従いまして、通算10回目の渡御は平成25年、とき恰も御鎮座320年の佳年に当りました。そして、320年を寿ぎて盛大且つ厳粛に渡御されました。通算11回目の渡御は平成27年(2015年)に行われ、通算12回目の渡御は平成29年(2017年)に行われました。そして、令和」に改元されたその6月2日には通算13回目の記念すべき渡御が行われました。

次に藏前神社睦の役員は次の通りです。

令和元年(2019年)7月1日現在】

(本会の目的や趣旨にご賛同いただける方々は年会費5千円をお納め戴きますと優先的に担ぐ事ができます)
 尚、毎年、第1土曜日午後からは蔵前参四若睦會、元蔵三若睦会主催による
   子供のための
【こども縁日】が開かれます。
尚、若睦会は次の通りです。
藏前神社元蔵三若睦会
会  長 伊石秀明


藏前神社蔵前参四若睦會
会  長 小松広樹
江戸名所一覧双六
役員一覧
本社神輿1
本社神輿2
本社神輿3
本社神輿4
朱引き
藏前神社睦
落語
落語案内板
落語元犬像
池波正太郎
厄年一覧表
四季の草花
御祈祷執務時間
案内図
リンク集
御朱印社領
社格制度
九気性(星)
氏子区域
藏前神社ホームページ(トップ)
藏前神社HP
由緒沿革
切絵図
境内
万年青品評会
勧進大相撲
奉納力持
江戸の北極星信仰