江戸時代の神事

  重複するかも知れませんが、素人の力持は文化後期より流行し、この錦絵が描かれた頃には絶頂期を迎えたように素人の力持を称える<文化>がありました。
  上の絵の向かって一番右側に描かれている「大関金藏」は、当時有名な素人の力持で、神田明神下の酒屋・内田屋の金藏と思われます。
  これらの錦絵は、奉納力持の記念として制作されたものですが、絵のなかに当時の日本酒の銘柄が入った酒樽が描かれている事から、これら3枚の錦絵は、そのまま宣伝用のポスターとして使用されたのではないかとも言われています。
 また、この奉納力持が開催された御藏前八幡宮(現・藏前神社、旧・石清水八幡宮)は、勧進大相撲発祥の地であり、天保4年(1833)に本所回向院が定場所となるまでは、回向院・深川八幡と共に勧進大相撲興行が打たれた3大拠点の一つでした。この場所では幾多の名勝負が繰り広げられ、なかでも、天明2年(1782)2月場所では、63連勝の谷風梶之助が小野川喜三郎に敗れた一番は江戸中が大騒ぎとなりました。


 文化年間後期から文政年間にかけて素人(しろうと)の力持(ちからもち)を称える文化がありました。
当社でも力持の
技芸を披露する神事が奉納されました。
 分けても、その絶頂期を迎えた文政七年(1824)の春に奉納された力持は浮世絵師歌川國安の錦絵にも描かれています。
 それが「文政七年之春 御藏前八幡宮ニ於而 奉納力持」(
ぶんせいしちねんのはるおくらまえはちまんぐうにおいてほうのうちからもち)であります。
 東京都が進めていた隅田川両岸の遊歩道整備で台東区エリアで唯一残っていた厩橋と蔵前橋間の遊歩道が完成し平成26年8月2日に正式にオープンしました。この隅田川遊歩道・テラス整備事業(厩橋~蔵前橋の間)では、当社ゆかりの前述せる錦絵「奉納力持」の陶板画レリーフなども掲示されました。
 下の写真はその遊歩道・テラスに掲示された錦絵です。

奉納力持

(ほうのうちからもち)


万年青品評会
御朱印社領
社格制度
江戸名所一覧双六
本社神輿1
本社神輿2
本社神輿3
本社神輿4
役員一覧
切絵図
境内
勧進大相撲
奉納力持
氏子区域
リンク集
池波正太郎
厄年一覧表
九気性(星)
藏前神社睦
藏前神社HP
由緒沿革
朱引き
落語
落語案内板
落語元犬像
四季の草花
御祈祷執務時間
案内図
江戸の北極星信仰

藏前神社ホームページ(トップ)

 これを記念して、当社境内にも、下の絵のように、当社責任役員・氏子総代等により奉納設置されました。その完成を見たのは平成26年10月末日であります。