江戸末期から明治初年にかけては、地図・錦絵の鳥瞰図が流行し
ました。
蔦吉すなわち蔦屋吉蔵から安政年間に発行された二代広重(重宣)
の本図は双六として名所・旧跡を辿れるようにしてあります。
 日本橋を振出しにして駒を進め江戸を一巡して、上がりとしての
日本橋に戻ってきます。全体として平面的な描写になってしまって
いますが、眺めるだけのものではないところに注目すべきでしょう。

 
当社(石清水八幡宮、現・藏前神社)は双六のマスとはなっていま
せんが、目印の一つとして、【八まん】と掲載されていますので、
ご参考までに供します。

 
ところで、当時の人々が江戸と認識していたエリアは、
東は本所深川、南は品川、西は新宿、北は王子あたりまでと思われ
ます。
 本図は上空から町を一望する形の鳥瞰図であり、背景には、
富士の山が大きく誇張して描かれ、手前には隅田川が流れ、水路と
お堀が網の目のように入り組んでいます。

江戸名所一覧双六
江戸の北極星信仰
切絵図
境内
江戸名所一覧双六
万年青品評会
勧進大相撲
御朱印社領
社格制度
役員一覧
本社神輿1
本社神輿2
本社神輿3
本社神輿4
朱引き
藏前神社睦
落語
落語案内板
落語元犬像
池波正太郎
四季の草花
九気性(星)
厄年一覧表
氏子区域
リンク集
御祈祷執務時間
案内図
前神社公式ホームページ(トップ)
藏前神社HP
由緒沿革
奉納力持